Life

失業保険 求職活動 実績の作り方

失業保険求職活動実績

失業保険を給付を受けていましたので求職活動実績の作り方について説明します

失業保険の基本手当の給付を受けるためには、ハローワークで失業認定を受けなければなりません

失業認定を受けるためには仕事探しの実績を作る求職活動実績が必要です

失業認定日までに求職活動実績を作っていないと、失業認定してもらえず、失業保険の給付が受けられなくなります

おすすめ:会社の口コミ情報&評判 求人情報サイト

失業保険 求職活動 実績とは?

失業保険 求職活動 実績とは?

失業認定日(4週間に1回)ごとに、給付制限期間の後の最初の失業認定日には3回、その後の4週間ごとの失業認定日には2回の求職活動実績が必要となります

求職活動実績とは、客観的に確認することができる仕事探しの実績です

ハローワークでの求人検索や、新聞の求人広告・求人情報誌・インターネット求人情報などの利用など、求人求職情報・仕事を探す方法はいろいろあります

しかし、「求人広告をみた」、「求人情報を検索した」、「求人情報サービスに登録した」と、失業認定日にハローワークの失業認定の窓口で言うだけでは、求職活動実績とは認定してもらえません

これだけでは「客観的に確認することができる仕事探しの実績」とは認めてもらえません

ハローワークからもらう資料の中に、求職活動実績になるものはどんなものがあるかが書いてありますが、求人への応募、職業相談、職業紹介、講習・セミナー受講などがあります

職業相談、職業紹介、講習・セミナーには、ハローワークで行うものや民間機関・公的機関で行うものがあります

求職活動実績とするためには、実際に求人に応募したり、職業相談したり、紹介を受けたり、受講することが必要で、活動が客観的に確認できることが必要です

失業保険 求職活動 実績の作り方

ハローワーク 求職活動実績 職業相談で確認

求職活動実績になる活動として、簡単でわかりやすいのはハローワークでの職業相談です

ハローワークの職業相談窓口に行き、職業相談窓口の係員の方に職業相談すると求職活動実績となります

失業認定日には必ずハローワークの失業認定窓口に行きますから、その際に職業相談窓口にも行き、職業相談すると求職活動実績1回になります

仕事を探す活動をしていること、その活動の具体的な内容や状況、疑問や不安などの相談事を職業相談窓口で話すことで、ハローワークでの職業相談を行ったことによる求職活動実績になり、係員の方に求職活動を行ったことを示す実績確認のハンコがもらえます

就職活動を行っていることを職業相談窓口で話して確認してもらうことで客観的に確認できる求職活動実績になります

1か月のうちに、失業認定日に1回、その他の都合の良い日にもう1回、ハローワークの職業相談窓口へ行き、職業相談することで2回の求職活動実績になります

失業保険 求職活動実績作りになる職業相談

ハローワークの職業相談窓口で以下のような内容を係員の方に口頭で話し、現状の報告や相談を行うことで求職活動実績として認めてもらえました

・ハローワークの求人情報検索端末で求人情報を検索して求人情報を検討したこと

・インターネットの求人紹介サービスに登録して、求人情報の提供を受けていること

・まだ希望に沿う求人情報がみつかっていないこと

・引き続き求人情報の収集を行っていること

実際に求職活動をしているということをハローワークの職業相談窓口に出向き、ハローワークの係員の方に話して確認してもらうことで客観的に確認することができる求職活動実績になります

求職活動状況、希望職種、求人の探し方、求職活動して応募はしたかなど、質問されたり、積極的に求人を探すように言われることもありますし、また、興味のある求人情報の詳しい内容とか、求職活動で生じた疑問点などを職業相談窓口の方に聞くこともできます

求職活動 実績の簡単な作り方

もっとも簡単な失業保険の求職活動実績の作り方で最低限行うことは

・失業認定日に1回、その他の都合の良い日にもう1回、回数は合計月に2回、ハローワークへ行くこと(初回は3回)

・求人情報を探す活動をすること(ハローワークの求人情報検索端末で求人情報検索する、インターネット求人情報サービスに登録して求人情報を入手するなど)

・ハローワークの職業相談窓口へ行き、係員の方に求人情報を入手し検討している求職活動状況を話して、確認してもらうこと

気になる求人情報、希望の求人情報が見つからなくても求人情報を探して、求人情報を探すという活動をしていることを求職活動状況として職業相談窓口で話して、求職活動を行っていることの確認してもらえばよいわけです

失業保険 求職活動 実績となるセミナー

ハローワークに行くと求職活動実績となるセミナーの案内が置いてあります

都道府県労働局やハローワークが開催する面接会、会社説明会、各種セミナー等は、ハローワークインターネットサービスのイベント情報検索で検索することができます

民間の就職支援会社の行っている無料セミナーや相談会もあります

就職活動実績となる民間機関の職業相談、職業紹介、セミナーは、許可・届け出のある機関である必要があります

ですが、民間機関を利用したことをハローワークの職業相談で活動状況として話しても良いのですから積極的に利用して良い就職に結びつけてください

既卒・第2新卒・中高卒・フリーター 就職転職無料相談
就職相談しやすさNo.1 第二新卒エージェントneo
相談からの就職率驚異の96% DYM就職

転職支援実績No.1 リクルートエージェント

IT・WEBエンジニア専門支援相談 レバテックキャリア

求職活動 インターネット 求人情報

ハローワーク インターネット 求人情報

職安 ハローワークでの求人情報検索とあわせて、インターネットで求人情報・就職情報を無料登録で入手できるサービスに登録すれば、簡単に求人情報を検索したり、希望に沿った求人情報をメールなどに随時配信してもらうなどできます

希望に沿った求人情報があれば、求人に応募することもできます

また厚生労働省職業安定局による全国の職安・ハローワークの情報・ニュース、求人情報検索のサービスが提供されていますのでご利用ください

職安 ハローワークインターネットサービス

求職活動 実績 ハローワーク以外の求職活動

就業経験や就業状況、就職したい希望の地域や職種・業界にあった求人就職情報サービスを利用しましょう

職安・ハローワークの求人情報検索や職業相談と合わせて、インターネットでの求人情報サービスを利用するのも効率的です

インターネットの求人情報サービスの利用は基本的に無料、面談や相談のサポートをオフィスで行うサービスもありますし、各種の就職活動セミナーを実施するサービスがもあります

インターネットでも積極的に就職活動を行い、自分にあった仕事をみつけてください

 

失業 転職 キャリア 資格 就職 副業 ビジネス 保険 面接